ソーラー発電事業


自然エネルギーを使った地域の活性化


メガソーラーなど平地を利用した太陽光発電事業は、今まで塩漬けとなっていた遊休地や休耕田など再び活性化させ、新たな利用価値を生み出す可能性を秘めている。 ひとたび発電所が出来上がれば、それを地域活性化に結びつける新たな仕組みづくりが今後注目されるであろう。

弊社のソーラー発電事業が他社より有利な理由

ソーラー発電事業には広大な土地が必要となり、パネルを設置するにも平らな土地でなくてはなりません 例えば広い土地があっても造成などすれば、それだけで経費がかさんでしまい事業として成立しません。弊社では創業より60年続けている土木の技術を活かし造成、埋立などを得意としており、造成などで発生するコストを最小限に抑えることができます。初期経費が抑えられればソーラー発電事業は画期的な事業と言えるでしょう。


下三瀬の1号パネルグループ


下三瀬の2号メガパネルグループ


下三瀬の2号メガパネルグループ


下三瀬3号パネルグループ


滝原パネルグループ


山室町パネルグループ